スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

新作UP !
お店に新作の楽譜をUPしました。

サティ<童話音楽の献立表>
子ども向けの童話つきの曲です。
お話を想像しながらBGM的に弾くのも面白いかと思います。
オクターブ無し、指繰りなしの易しい曲です。


シベリウス<ピヒラヤの咲くとき>
人気の「樅の木」と同じ組曲の第1曲目。
ピヒラヤとはナナカマドのこと。
白いお花が夏に咲きます。


ワグナー<結婚行進曲>
よく教会での結婚式の入場BGMに使われます。
「ローエングリン」の1曲で、
実はアンハッピーエンドのお話です…。


是非弾いてみて下さいね。

2009.10.20(Tue) | [音楽]お店のこと | cm(0) | tb(0) |

無料楽譜追加!
久しぶりの無料楽譜です。
久しぶりのFinaleなのでまずは簡単なものを…。
選んだのは
・リスト<ワルツ イ長調>
・リスト<ワルツ形式のアルバムのページ>


リストって難しいんじゃないのって思いますよね。
でも簡単なのもあるんですよ。
<ワルツ~>は初心者から
<ワルツ形式~>は中級にちょっと届きそうな感じのレベルで全然OK

<ワルツ イ長調>


<ワルツ形式のアルバムのページ>


簡単な曲でもやっぱりプロが弾くと違いますね
是非、お手本にしてみてください。

2009.10.14(Wed) | [音楽]無料楽譜 | cm(0) | tb(0) |

次、何弾きたい?
年に1回の発表会
何を弾くかは結構悩みますよね。
何ヶ月も前から取り組むので納得した曲を選びたいものです。

そこで

つくっちゃいました
曲の雰囲気や難易度を選ぶだけで自分に合った曲を選べます。
題して…

かってに選曲診断(←↓クリック!)
sen.jpg


発表会に限らず次に何を弾くか迷ったときにもご覧くださいね
皆さんが気に入る1曲にめぐり合えますように…

2009.10.07(Wed) | [音楽]無料楽譜 | cm(0) | tb(0) |

お勧め鑑賞曲
ではどんな曲がお勧めなのか具体的に挙げてみましょう。
あくまでも参考程度に。

・ベートーヴェン…交響曲第5番「運命」YouTube
日本で一番有名な交響曲といっても過言ではないはず。
どうして「運命」なのか?
ベートーヴェンは耳が聞こえなくなったのはいつ頃なのか?
色々な指揮者の演奏を聴いて比べてみる。
リストが編曲したピアノバージョンを聴いて楽器が代わるとどう感じる?
などなど、掘り下げられるポイントが沢山ありますよ。

・モーツァルト…きらきら星変奏曲YouTube
きらきら星のもとの曲はシャンソンで恋心を母親に打明ける曲だった!?
そのシャンソンは当時流行していて、バッハの息子も変奏曲を書いている。
12変奏まであるので各変奏ごとに感想をまとめられる。
などなど知っているメロディが様々に変わっていくので聴きやすいですよね。

・リスト…ラ・カンパネラYouTube
難しい曲だけど実はこれでも簡単に変えた曲である。
変えるまえの難しい曲を録音したのは世界でも数人。
もともとの曲はヴァイオリン協奏曲。
富士ゼロックスのCM(1つしか鍵盤がないピアノで演奏する)のように実際に演奏するとピアノ何台必要?
跳躍を練習する曲だけど一番跳躍するのは何処から何処まで?
などなどリスト自身も逸話などが多い人なので感想に交えて書くといいかも。

・スメタナ…モルダウYouTube
モルダウ川の源流からプラハを流れ、エルベ川へ合流するまでの様子が描かれていて、
場面を想像しやすい。
この曲が書かれた歴史的背景からも考察できる。
モルダウはドイツ語、チェコ語ではヴルタヴァ川。
「わが祖国」という6つの交響詩の中の1曲。
などなど授業の鑑賞教材なので聴いたことがある人も多いのでは?
過去に聴いた感想を発展させてみるといいかも。



===============================================
★曲を選ぶポイントとしては…
聴くのがめんどくさいから短い曲、と選ぶと感想が書きづらい。
すぐにネタ切れになるよ。
短い感想文でいいなら大丈夫ですが。
短い曲がいいなら色々な演奏者の聴き比べた感想も入れるといいかな。
==============================================

●書き方のコツ
いきなり原稿用紙に向かっても行き詰ります。
まずはメモ帳で聞いたそのときの感想を書き出しましょう。

曲は出だしが肝心です。
まずは出だしの感想を思いつくまま書き留めます。
箇条書きでも、単語でもOK。

聴いたその時その時の印象を書いていきます。
1度だけでなく何度か聴くようにしましょう。
できれば演奏者を変えてみると曲の印象がまた違って面白いよ。

作者や曲について調べてみよう。
その後また聴いてみる。

何をどうまとめて書くか考えてから原稿用紙に書きはじめよう!

「すごかった」
「明るい曲だった」
「暗い曲だった」
など短文はやめようね。
「・何処が・どうだったから・~だった」と詳しく書こう。
「~のようだった」「~みたい」と自由な比喩表現をいれるといいよ。

曲のタイトルは作曲者がつけてないものもあるよ。
そんな時は今のタイトルを忘れて自分の想像力を働かせてみよう。
自分でタイトルをつけてみるのも面白いね。

インターネットができる環境なら動画サイトにアクセスして動画でみると、
また違う感想がわくと思うよ。
生で聴ければもっといいよね。


ではでは、頑張ってください

2009.08.08(Sat) | [音楽]音楽の話題 | cm(0) | tb(0) |

クラシック鑑賞のコツ?
梅雨があけたというのに猛暑にならず嬉しいやら、心配やら
夏休み真っ只中の子供たちには、そんなの関係ないのかな
夏休みといえば大量の宿題ですよね。
私は最初のほうで殆ど終わらせておくタイプでした。
みなさんは最後に追い込み派少しずつ終わらせる派

宿題という言葉も懐かしい年齢になってしまいましたが
「『クラシックを聴いて感想を書け』って宿題が出た
何を聴けば分からん。どう書けば分からん。」

と相談されたのでここでポイントを書いてみたいと思います。
同じような宿題を出された子は適当に参考にしてみてくださいね。


●何を聴いていいのか分からない
クラシックに興味がないとまずここで躓きますよね。
難しく考えることはありません。
クラシックはあなたの身の回りにも溶け込んでいますよ。
CMやドラマ、映画などのBGM、
運動会、卒業式、入学式などの行事のBGM
そんな「聴いたことある」という1曲を選んでみると聴きやすくていいと思います。

クラシックにはサビの部分だけを沢山収めたCDも売っているので
その中から選ぶのも手っ取り早いですね。
例えば↓こういうCD。

有名な曲ばかりですのでCDも見つけやすいですし、
曲や作曲家の情報も得やすいでしょ?



図書館に出かけましょう!
図書館にはクラシックのCDなら置いてあるはず。
曲のタイトルで選んでもよし、ジャケットで選んでもよし、楽器で選んでもよし、
まずは聴いてみないと始まらない。
ちょっと聴いて気に入らなければ聴かなければいいんだし。


次は具体的にどんな曲がお勧めなのか書いてみたいと思います。

2009.08.08(Sat) | [音楽]音楽の話題 | cm(0) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。