スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

クラシック鑑賞のコツ?
梅雨があけたというのに猛暑にならず嬉しいやら、心配やら
夏休み真っ只中の子供たちには、そんなの関係ないのかな
夏休みといえば大量の宿題ですよね。
私は最初のほうで殆ど終わらせておくタイプでした。
みなさんは最後に追い込み派少しずつ終わらせる派

宿題という言葉も懐かしい年齢になってしまいましたが
「『クラシックを聴いて感想を書け』って宿題が出た
何を聴けば分からん。どう書けば分からん。」

と相談されたのでここでポイントを書いてみたいと思います。
同じような宿題を出された子は適当に参考にしてみてくださいね。


●何を聴いていいのか分からない
クラシックに興味がないとまずここで躓きますよね。
難しく考えることはありません。
クラシックはあなたの身の回りにも溶け込んでいますよ。
CMやドラマ、映画などのBGM、
運動会、卒業式、入学式などの行事のBGM
そんな「聴いたことある」という1曲を選んでみると聴きやすくていいと思います。

クラシックにはサビの部分だけを沢山収めたCDも売っているので
その中から選ぶのも手っ取り早いですね。
例えば↓こういうCD。

有名な曲ばかりですのでCDも見つけやすいですし、
曲や作曲家の情報も得やすいでしょ?



図書館に出かけましょう!
図書館にはクラシックのCDなら置いてあるはず。
曲のタイトルで選んでもよし、ジャケットで選んでもよし、楽器で選んでもよし、
まずは聴いてみないと始まらない。
ちょっと聴いて気に入らなければ聴かなければいいんだし。


次は具体的にどんな曲がお勧めなのか書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

2009.08.08(Sat) | [音楽]音楽の話題 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://echomusic.blog72.fc2.com/tb.php/261-9316871f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

password
管理者にだけ表示を許可
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。