スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

フェルトのケーキ! 初心者編
フェルトのクリーム、イチゴをの作り方を紹介してから大分時間が経ってしましました…
やっとケーキの土台の作り方です。
作るのはホールのケーキ。
一番シンプルで簡単な基本の作り方ですので初めてな方も是非挑戦してみてくださいね

◆用意するもの◆
・スポンジ(作りたい大きさより大きく、厚さも厚いほうが良い)
・厚紙(無ければ普通の紙でもOK)
・待ち針
・フェルト(自分が作りたい色)生クリームケーキなら白と薄茶など
・カッター(新しく刃を替えたほうが良いです)
・縫い糸、縫い針
・テープ
・ハサミ
・コンパス(あれば)

fe001.jpgまずは型紙を作ります(左図参照。左図は型紙には使えません。)。
厚紙にコンパスで作りたい大きさの円を書きます。
縦を作りたい高さ、横を円周の長さにした長方形を書きます。
コンパスが無い場合はパソコンで書いたり、ガムテープなど円柱状の形の物で代用してください。
出来た型紙を使ってフェルトを切り抜いてください。
円が上面(白)と下面(薄茶)の2枚、長方形の側面が1枚(白)必要です。


fe001.jpg①スポンジを切り抜きます。
型紙を置いて待ち針で固定します。
スポンジの底に何かを置いて机に傷が付かないように気をつけてください。
カッターを垂直に下ろして大まかにカットしてください。

②スポンジを切り抜いたら形を整えます。
多少いびつでも大丈夫

③高さを整えます。
(そのままでよければ②で終了。)
型紙をスポンジに巻いてテープで止めます。
はみ出ているスポンジを切り取ります。
刃を表面と平行に入れて型紙に沿うように動かして切ります。
逆に高さが足りない場合は、この方法を応用して足りない部分を作ってください。

fe005.jpgfe008.jpg
スポンジに側面を巻いてかがり縫い(左図参照)をします。
生地の端と端しっかり合わせてキレイに縫ってくださいね。
自信が無い人、円周を長く切り過ぎた人は両端を合わせて端から3mm(長く切った人は余分な分だけ)の所を本返し縫いで縫って裏返しても出来ます(右図参照)。


fe004.jpg円のフェルトをかぶせて待ち針で固定しブランッケットステッチ(左図参照)で縫い合わせます。


出来上がり


上にクリームやフルーツをのせてキレイにデコレーションしてくださいね。
ビーズを使ったり、フェイクのフルーツ(100均などで売ってます)で可愛くまたはリアルに作ってみてください。
今からクリスマスに向けてクリスマスケーキを作ってプレゼントしてもいいですね。
大きさの違うものを作って2段にしてウエディングケーキなども出来ます。
デコレーションは縫い付けてもいいですが、のせて置くだけにすると色々なバリエーションが楽しめますし、お子様の遊び道具にもなりますよ。
(お子様の遊び道具にするなら誤飲したりしないように気をつけてください)

応用でこのようなシャルロットも出来ます。
cake000030.jpg
周りのビスキュイの作り方も簡単
楕円に切り抜いたフェルトを2枚重ね3mmほど内側を縫います。
2cmほど縫い残しひっくり返し、綿をつめ残りをかがり縫いして出来上がり(下の左図参照)。
それを円周分用意して縫い付けるか、ボンドで止めるなどすれば完成。
私は輪ゴムで止めてリボンで隠しています。
面倒なのが嫌な人は右図のような作り方でもOK。
fe006.jpgfe007.jpg


シャルロットのほかにも小さい円柱にするとムース、中心に穴をあけるとシフォンケーキ、それを小さくするとバウムクーヘン、楕円にするとロールケーキ、四角くするとスクエアのケーキなど色々できますよ。
あなたオリジナルのケーキを作ってみてくださいね



参考になったら1クリックお願いします

スポンサーサイト

2007.11.22(Thu) | [手芸]フェルト講座 | cm(0) | tb(0) |

フェルトのホイップクリーム 番外編
次はホイップクリームの上にフルーツが乗っている…
そんなトッピングの作り方です。

決まった大きさなどは無いので型紙もありません。
トッピングのフルーツの大きさによって自由に変えてみてくださいね。
(私は結構適当に作っています…)

①1cm幅に長く(10cmぐらい)切ったフェルトを3枚用意します。
F1000056.jpg

3枚重ねて中心より少し端を波縫いします。
F1000031.jpg

円の大きさを整え端を縫い合わせます。
1枚目と3枚目をつまんで引っ張り形を整えれば出来上がり。
F1000036.jpg



②1cm幅に長く(10cmぐらい)切ったフェルトを3枚用意します。
F1000056.jpg

2枚重ねて端を返し縫で縫います。
F1000032.jpg

合わさった所が表に出るように三角の筒状に縫います。
F1000033.jpg

ひねりを加えて両端を縫い合わせれば出来上がり。
F1000034.jpg




③2,5cm×8cmぐらいにフェルトをカットします。
F1000038.jpg

長い方の端をくるくる巻きます。
F1000039.jpg

カガリ縫いをして止めます。
F1000040.jpg

両端を縫いつけて出来上がり。
F1000041.jpg




基本はこんなところでしょうか
他にも色々考えてみると楽しいですよ。
次はケーキ本体を作ってみましょう


良かったら1クリックお願いします。

2007.06.30(Sat) | [手芸]フェルト講座 | cm(0) | tb(0) |

フェルトのホイップクリーム
ケーキといったら生クリーム
ということでデコレーション用のホイップクリームの作り方です。
色々な方法があるので独自の作り方を考案するのも楽しいですね。

**型紙**
20070630224313.jpg



一番シンプルな作り方の①から見ていきましょう。
20070630224435.jpgF1000045.jpg

花びらのような羽根が12枚あって切り抜くのが大変ですが、色々な角度から見ても空洞が出来にくくきれいな形になるように作りました。
型紙を使ってフェルトを切り抜いたら羽根の先端を縫って1周します。
表から刺したら、全部の羽根も表から刺してくださいね。
縫ったら糸を絞って見えない所で玉止めします。
形を整えて完成
先端にビーズをつけても可愛いですよ。



②の作り方。

F1000043.jpgF1000044.jpg

同じ形を6枚切り抜きます。
キレイに重ねて中心を波縫いします。(中心を縫わないと形がおかしくなるの注意)
縫ったら糸を絞ってクリームをひねって形を整えます。
玉止めをして出来上がり
型紙を等倍で印刷すると大きめのクリームが出来ます。


③④の作り方。
F1000046.jpg
F1000047.jpg
工程は同じです。
5,6枚同じ形を切り抜いて重ね底(型紙斜線部分)を縫い合わせます。
あとはお好みで端をねじったり、止めて丸い形にしたり…



⑤⑥⑦の作り方。
F1000049.jpg

同じ形を4枚切り抜きます。
3枚重ねて中心を返し縫で縫います。


F1000050.jpg

残った一枚を半分よりちょっと小さめに切ります。


F1000051.jpg

縫い目に沿ってボンドを付けます。


F1000053.jpg

重ねて縫った所にボンドをつけて切った一枚を貼り付けて完成。
ボンドを使うのが嫌な場合は3枚を半分に切って③④と同じように重ねて縫えば出来上がり。




その他ホイップクリームの型紙はここでダウンロードできますよ
チョキチクフェルトさん
CoCo-RoLL*さん


次はホイップクリーム番外編


良かったら1クリックお願いします。

2007.06.30(Sat) | [手芸]フェルト講座 | cm(7) | tb(0) |

フェルトでイチゴ その3
フェルトでイチゴ第3弾です。

3、表にくるっと返します。
だんだんイチゴらしくなってきました
イチゴの先端を針で整えてくださいね。
Fe1000008.jpg



4、すそをグルッと1.5周~2周波縫いしてください。
波縫いとは一番最初に習うシンプルな縫い方です。表裏交互に針を通していく方法です。
縫い終わっても玉止めしたり糸は切らないでくださいね。
Fe1000007.jpg



5、綿を詰めながら糸を引き絞ります。
ピンセットを使いながらギュウギュウに詰めてください。
Fe1000006.jpg


Fe1000005.jpg慣れてきたらイチゴの形が出来上がった所で1の作業をするとキレイに粒を配置できると思います。
また←の様に赤い糸で1,2mm位の縫い目をちょっと糸をきつめに引いてつけるとリアルな粒の感じが出ます。


6、ヘタを縫い付けます。
玉止めを隠すためにヘタの裏から始めます。
イチゴ本体をすくいながら放射線状になるように縫い付けます。
Fe1000004.jpg

Fe1000003.jpg




7.最後に糸を中心からちょっと出して切れば完成です
Fe1000002.jpg



どうでした出来ましたか
次はイチゴをトッピングしたケーキを作ってみたいと思います。


ためになったら1クリックお願いします。

2007.06.28(Thu) | [手芸]フェルト講座 | cm(0) | tb(0) |

フェルトでイチゴ その2
フェルトでイチゴ 第2弾です。


2、裏返して2つに折ります。
画像の青い線の部分を返し縫いします。
最初と最後は2重に縫って下さい。
フェルトはほつれやすいので2mmぐらい内側で縫いましょう。
Fe1000014.jpg

<返し縫の方法>
Fe1000013.jpg

一針分あけて裏から針を出します。

Fe1000012.jpg

糸を最後まで引っ張って、また最初に刺した所の近くに後ろから針を出します。

Fe1000011.jpg

糸を引いたら縫った所の一針手前に裏から針を出します。

Fe1000010.jpg

一針後ろに戻ります。

Fe1000009.jpg

一針進んで一針戻るという縫い方です。
表はミシンで縫ったような感じになります。


次はフェルトでイチゴ その3で。

2007.06.27(Wed) | [手芸]フェルト講座 | cm(0) | tb(0) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。